自然環境教育研究所の流れ

沿革

1987年
「創価学園 野鳥・自然環境研究所」準備委員会設置
同研究所の調査・研究フィールドとして、北海道・別海フィールド、九州・霧島フィールドを指定
1988年
別海フィールド第1回野鳥調査実施
第1回国内サマーセミナー実施(別海・霧島フィールド)
沖縄・石垣島、西表島を新たに八重山フィールドとして指定
1989年~
第2回~第8回国内サマーセミナー実施
1991年
別海・霧島フィールドの植物・鳥類調査報告(大学・学園)
1992年
研究所の調査・研究フィールドとして、長野・霧ヶ峰フィールド、神奈川・箱根フィールド、香川・庵治フィールドを指定
1996年
第9回創価学園サマーセミナー開催
サマーセミナーの実施場所を換えて実施
1999年
「創価学園 野鳥・自然環境研究所」発足
「大自然を"教室"に」(国内サマーセミナー8年間の記録)が完成
2000年
同研究所のホームページ開設
2008年
名称を「創価学園 自然環境教育研究所」に変更