フィールド調査・研究活動

フィールド調査

年月日 内容 聖教新聞
掲載日
2008年
4.1 創価学園全体会にて、名称変更並びに新体制発表
新名称 「創価学園 自然環境教育研究所」
平成20年度研究所体制発表
所長=伊藤信久
研究員=久保泰郎、畠山英幸、山本五郎、中村国夫、久米宗男、中野正徳、奥村香織
事務局=北林和明
4.25 創価学園自然環境教育研究所会議(第1回TV会議)開催
研究所のねらい・業務並びに研究員の役務について討議
6.20 創価学園自然環境教育研究所会議(第2回TV会議)開催
「各校の環境教育の実践」等について討議
7.3 野鳥・自然環境研究所報告第8巻第1号に、「豊かな自然を活かした環境教育」掲載 7.30
7.21~25 2008年度創価学園サマーセミナーが全国8コースで実施
東京-箱根、山中湖、那須、霧ヶ峰、信州
関西-琵琶湖・伊吹山、豊岡・神鍋、蒜山・鳥取
7.30
7.30~31 2008年「自然環境教育研究所研究員夏季研修」開催
各校の環境教育・「持続可能な開発のための教育の10年」の具体化・創立者の著作の教材化等について討議
9.10 野鳥・自然環境研究所報告第8巻第2号に、「サマーセミナーを各地で実施」掲載
2007年
1.4 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第5回TV会議)開催
1.9 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第6回TV会議)開催
3.24 野鳥・自然環境研究所報告第7巻第3号に、「別海フィールドの自然環境調査」掲載 3.31
4.23 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第1回TV会議)開催
平成19年度研究所体制発表
所長=牛山善博
研究員=山本五郎、塩田誠一郎、高松義一、中野正徳、畠山英幸、久米宗男、奥村香織
事務局=大森 栄、北林和明
6.22 野鳥・自然環境研究所報告第7巻第1号に、「『環境ボランティア委員会』の活動」掲載 8.3
12.25 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第2回TV会議)開催
2006年
1.10 写真アルバム・動画コーナーに、「別海のオジロワシ」掲載
2.11 野鳥・自然環境研究所報告第5巻第4号に、「環境が植物に与える影響について」掲載 2.18
4.21 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第1回TV会議)開催
平成18年度研究所体制発表
所長=牛山善博
研究員=山本五郎、塩田誠一郎、高松義一、武田正明、池田勝利、久米宗男、形山章輝、八木伸子
事務局=大森 栄、北林和明
4.22 聖教新聞に、「生態系を守り 地球革命を」(アマゾン自然環境研究センター嘱託事務員 田中 晃氏)掲載 4.22
4.23 聖教新聞に、「池田名誉会長の世界との語らい 第2回 『ケニアの環境副大臣 ワンガリ・マータイ博士』」掲載 4.23
6.16 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第2回TV会議)開催
平成18年度年間計画の確認
6.27 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第3回TV会議)開催
今夏の調査計画について
7.31 野鳥・自然環境研究所報告第6巻第1号に、「『桜保存会』の活動」掲載
11.6~8 「21世紀環境展」を関西創価中学・高等学校で開催
12.26 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第4回TV会議)開催
2007年度の活動内容について
12.27 野鳥・自然環境研究所報告第6巻第2号に、「創価タイムの実践 ---関西創価小学校の取り組み---」掲載 2007.3.16
2005年
1.2 2004年度別海フィールド調査
-松浦氏(創価大学自然環境研究センター客員研究員)-
1.8~11 2004年度別海フィールド調査
-鈴木所長、松浦氏(センター客員研究員)、福原氏-
2.11、13 2004年度別海フィールド調査
-松浦氏(センター客員研究員)-
2.18 創立者・池田大作先生、ノーベル平和賞・マータイ博士と会見 2.19、2.20
2.26 野鳥・自然環境研究所報告第4巻第4号に、「別海フィールドにおける巣箱かけを中心とした環境教育の実践」掲載 4.16
2.27 2004年度別海フィールド調査
-松浦氏(センター客員研究員)-
3.5~6 2004年度別海フィールド調査
-鈴木所長、松浦氏(センター客員研究員)、福原氏-
4.11 創価大学自然環境センター長・山本教授と鈴木所長が環境教育の推進について情報交換
4.16~17 2005年度別海フィールド調査
-松浦氏(センター客員研究員)-
5.1、5.8、5.24 2005年度別海フィールド調査
-松浦氏(センター客員研究員)-
5.11 野鳥・自然環境研究所報告第5巻第1号に、「『地球憲章』教材化への試み」掲載
5.18 2005年度霧ヶ峰フィールド調査
-塩田委員・原山氏(委嘱研究員)-
5.30 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第2回TV会議)開催
年間計画の確認
6.5、6.12~13,
6.25~26
2005年度別海フィールド調査
-松浦氏(センター客員研究員)-
6.12~13 2005年度別海フィールド(動物・野鳥)調査
-福原氏(委嘱研究員)
6.12~13 2005年度別海フィールド(動物・野鳥)調査
-福原氏(委嘱研究員)
7.3、7.9、7.18 2005年度別海フィールド調査
北海道絶滅危惧種ベニバナヤマシャクヤクの撮影
-松浦氏(センター客員研究員)-
7.20
釧路新聞
7.21~24 2005年度創価学園サマーセミナーが全国8コースで実施
東京-神奈川・箱根、山梨・山中湖、栃木・那須、長野・霧ヶ峰、福島・磐梯
関西-琵琶湖・伊吹山、豊岡・神鍋、蒜山・鳥取
7.26
7.23~25 創価大学・創価学園の別海フィールド合同調査が実施
「野鳥の巣箱かけ」「自然探検セミナー」も
-久米宗男教諭、八木伸子教諭、福原氏-
7.25~26 2005年度霧島フィールド定期野鳥調査
-石井氏(委嘱研究員)-
8.24 第5回創価学園教職員研修会開催
実践報告「『地球憲章』教材化への試み」 関西中学校・池田勝利委員
講演「環境教育への視点」 山本修一創価大学工学部教授
9.13 野鳥・自然環境研究所報告第5巻第2号に、「PHOTO REPORT 2005 創価学園サマーセミナー 」、 「PHOTO REPORT IN 別海 野鳥の巣箱かけ・自然探検セミナー」掲載
9.29 写真アルバム・動画コーナーに、「流氷とオオワシ」掲載
10.9 2005年度別海フィールド調査
-松浦氏(センター客員研究員)-
11.3 写真アルバム・動画コーナーに、「霧ヶ峰のヤマメ」掲載
11.6 中学生文化新聞1面に、連載コラム「学園四季おりおり」掲載 中学生文化新聞
2005.11.6
~2006.11.5
11.18 野鳥自然環境研究所報告第5巻第3号に、「自然との触れ合いを通して育む豊かな心」-札幌創価幼稚園 環境教育の取り組み-掲載
11.27 2005年度別海フィールド(動物・野鳥)調査
-福原氏(委嘱研究員)
12.11,25 2005年度別海フィールド調査
-松浦氏(センター客員研究員)-
12.27~28 野鳥・自然環境研究所代表者会議開催(於:創価教育センター)
2004年
1.24~25 2003年度別海フィールド野鳥調査
-福原氏-
1.30~2.1 創価大学自然環境研究センター「別海フィールドの冬の湿原調査」
-山本センター長、久米川講師、勝浦氏(大学院生)、松浦氏(同センター客員研究員)-
2.11 野鳥・自然環境研究所報告第3巻第4号に、「霧島フィールドにおける野鳥生息調査について」掲載
3.14 創価大学自然環境研究センター「別海フィールドの冬の調査」
-松浦氏(同センター客員研究員)-
4.13 創価大学自然環境研究センター「別海フィールドの初春の調査」
-松浦氏(同センター客員研究員)-
4.16 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第1回TV会議)開催
平成16年度研究所体制発表
所長=鈴木利博 副所長=山本幸二郎 運営委員長=佐藤敏明
研究員=塩田誠一郎、恒岡義洋、菅原弘道、山本五郎
形山章輝、池田勝利、久米宗男、小野里聡、村井麗香
事務局=中野俊博、大森 栄、赤嶺 徹
7.11
5.10 野鳥・自然環境研究所報告第4巻第1号に、「別海フィールドの湿原植生について」掲載
5.15~16 創価大学自然環境研究センター「別海フィールドの春の調査」
-松浦氏(同センター客員研究員)-
5.23~24 「霧ヶ峰フィールドの春の調査」
-鈴木所長、塩田研究員委員、森本・中村委嘱研究員-
6.4~6.6 創価大学自然環境研究センター「2004年度別海フィールド第1回調査」
-山本センター長、戸田副センター長、山本(修)研究員、久米川講師、勝浦氏(大学院生)、山中氏(学部生)、樺沢氏(学部生)、大西釧路短大教授(同センター客員研究員)、松浦氏(同センター客員研究員)-
6.29 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第2回TV会議)開催
7.21~7.27 2004年度「創価学園サマーセミナー」開催 7.29
7.29~8.4 創価大学自然環境研究センター「2004年度別海フィールド第2回調査」
-久米川宣一講師、勝浦雅士氏(大学院生)、山中伸勝氏(学部生)、樺沢章子氏(学部生)、西 敏明氏(学部生)、大西英一釧路短大教授(同センター客員研究員)-
7.30~8.1 別海フィールド2004年度創価大学・創価学園別海フィールド総合調査
-山本英夫センター長、山本修一副センター長、近藤重弘氏、鈴木利博所長、山本五郎教諭、久米宗男教諭、村井麗香教諭、福原幸昭氏、及び 上記調査者、他-
7.29
8.3~5 2004年度霧島フィールド調査
-山本幸二郎副所長、池田勝利教諭、他-
7.29
8.24 野鳥・自然環境研究所報告第4巻第2号に、「PHOTO REPORT 2004 創価学園サマーセミナー」掲載
9.17 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第3回TV会議)開催
11.14 2004年度別海フィールド野鳥調査。採餌中のタンチョウのつがいを、悠久湿原で観察
-福原氏-
2003年
1.12~14 2002年度別海フィールド第5回動物・野鳥調査
-鈴木所長、福原氏-
2.11 野鳥・自然環境研究所報告第2巻第4号に、「廃油石けん作りの体験学習」、「PHOTO REPORT IN 別海」および「PHOTO REPORT IN 霧島」掲載 3.16
2.19~21 2002年度霧島フィールド第6回定期調査
-鈴木所長、石井氏、他-
4.18 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第1回TV会議)開催
平成15年度研究所体制発表
所長=鈴木利博 副所長=山本幸二郎 運営委員長=佐藤敏明
研究員=塩田誠一郎、高柳喜人、菅原弘道、栗林 誠、形山章輝、池田勝利、久米宗男、小野里聡、村井麗香
運営委員=中野俊博、寺本尚樹、赤嶺 徹
4.24 "PHOTO REPORT IN 関西" 関西創価学園で、コゲラの巣発見!!
5 パンプキン5月号で、 創価学園・別海レポートを掲載 7.11
5.1 "PHOTO REPORT IN 関西" シジュウカラ、一生懸命子育て中
5.16 野鳥・自然環境研究所報告第3巻第1号に、「EarthKAMで学ぶ『宇宙』と『地球』」掲載
5.30~31 2003年度霧ヶ峰フィールド調査
-鈴木所長、森本教授、他-
6.9 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第2回TV会議)開催
6.21~22 2003年度別海フィールド野鳥調査
-福原氏-
7.6 "PHOTO REPORT IN 関西" はじめて咲いた! "モネの睡蓮" 7.7
7.21~7.26 2003年度「創価学園サマーセミナー」開催 7.29
7.24~27 2003年度八重山フィールド調査
-大嶺元教授、塩田誠一郎教諭、菅原弘道教諭、赤嶺 徹氏、他-
7.29
7.26~28 別海フィールド2003年度創価大学・創価学園別海フィールド総合調査
-山本英夫工学部長、押金健吾教授、久米川宣一講師、島田 勉氏、勝浦雅士氏、山本幸二郎副所長、久米宗男教諭、栗林 誠教諭、村井麗香教諭、福原幸昭氏、他-
北海道版8.1
7.31 聖教新聞文化欄に、「シマフクロウと自然再生」(北海道鳥獣保護員 山本純郎氏)掲載 7.31
8.5~8.7 霧島フィールド調査
-杉本氏、石井氏、池田教諭、小野里教諭、寺本氏、他-
8.6 "PHOTO REPORT IN 霧島" 仏界台に「サンショウクイ」
8.24 野鳥・自然環境研究所報告第3巻第2号に、「2003年度創価大学・創価学園別海フィールド総合調査を実施」、「PHOTO REPORT 国内サマーセミナー2003」掲載
9.9 "PHOTO REPORT IN 霧ヶ峰" 6万年ぶりの大接近 "火星"と"月"がランデブー
9.10 "PHOTO REPORT IN 霧島" 天の川遊歩道に「ナンバンギセル」発見!
9.10~11 2003年度霧ヶ峰フィールド調査
-鈴木所長、森本教授、他-
9.25 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(第3回TV会議)開催
10.24 "PHOTO REPORT IN 東京" 東京創価小学校「元気農園」で、伝統の"いもほり大会"
10.29 "PHOTO REPORT IN 霧島" 「ツチトリモチ」の群生 大発見!
11.3 野鳥・自然環境研究所報告第3巻第3号に、「実践報告 "綿を育てて、綿を活かして"」掲載
11.14~16 2003年度別海フィールド定期調査
-鈴木所長、福原氏、他-
11.25~26 ブラジル・池田環境研究所開設2周年記念の環境セミナー開催 12.28
12.2~4 2003年度霧島フィールド冬季野鳥調査
-池田教諭、石井氏、他-
11.14 2004年度別海フィールド野鳥調査。採餌中のタンチョウのつがいを、悠久湿原で観察
12.9 創価学園野鳥・自然環境研究所会議開催(第4回TV会議)開催
12.24~25 野鳥・自然環境研究所代表者会議開催(学園会館)
2002年
1.27 聖教新聞5面に、「沼田真賞」第1回受賞者・小野有五教授と浜名正勝北海道長の対談
「動物も植物も森も川も・・・ 地球は命が共生する大地」掲載
1.27
2.11 野鳥・自然環境研究所報告第1巻第4号に、「蓮の研究 ハス保存会の活動と地域貢献」掲載
3.4~6 東京・創価高校「友情の池」に、オスのオシドリ1羽が飛来。
3.7 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(TV会議)開催
3.15 野鳥・自然環境研究所ロゴマーク選考結果発表
4.19 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(TV会議)開催
平成14年度研究所体制発表
所長=鈴木利博 副所長=仲西忠之 運営委員長=佐藤敏明
研究員=遠藤一城、塩田誠一郎、小森弘三、菅原弘道、半杭克巳、栗林 誠、池田勝利、形山章輝、久米宗男、小野里聡
運営委員=中野俊博、寺本尚樹、赤嶺 徹
5.6 第3回「サマーセミナー・イン別海」で、関西創価小学校児童が作り、釧路県の未来部員がかけた巣箱を、ゴジュウカラが利用しているのを、松浦賢一氏(別海高校教諭)らが確認。
5.15 野鳥・自然環境研究所報告第2巻第1号に、「万物共生の沃野を求めて-創価高校環境委員会の活動報告」掲載
6.6 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(TV会議)開催
6.12~14 別海フィールド2002年度第1回創価大学・創価学園合同学術調査
-牛沢北大名誉教授、仲西副所長、他-
7.12 東京創価小・王女園で、クジャクの雛が2羽誕生。
7.20~7.25 2002年度「創価学園サマーセミナー」開催 7.28
7.25 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(TV会議)開催
7.27~30 別海フィールド2002年度第2回創価大学・創価学園合同学術調査
-牛沢北大名誉教授、福原氏、山本英夫創大センター長、山本修一創大教授、戸田龍樹創大助教授、島田氏、三浦氏、仲西副所長、久米教諭、半杭教諭、他-
北海道版8.2
7.28~30 霧ヶ峰フィールドワーク学習セミナー
-鈴木所長、形山教諭、生徒8名(東京5名・関西3名)、他-
8.23 聖教新聞3面に、「ブラジルSGIのアマゾン保全運動、アメリカCNNテレビが全世界に放映」と題し、紹介 8.23
8.25 聖教新聞4面に、創大嘱託職員・アマゾン自然環境研究センター勤務「田中晃氏」を紹介 8.25
8.26 創立者、「持続可能な開発に関する世界首脳会議」(環境開発サミット)に寄せて、環境提言『地球革命への挑戦――持続可能な未来のための教育』を発表 8.26
8.28 野鳥・自然環境研究所報告第2巻第2号に、「第1回霧ヶ峰フィールドワーク学習セミナー実施報告」および「第15回国内サマーセミナー PHOTO REPORT」掲載
9.上 東京創価小学校の一角に植えてある大名竹の花が咲く 9.18
9.12 聖教新聞2面に、「ブラジルSGIの環境教育を米CNNが放映」と題し、紹介 9.12
9.下 東京創価小学校の王子農園で、サツマイモの花が咲く
9.27 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(TV会議)開催
11.23~24 別海フィールド野鳥調査
-福原氏-
11.27 野鳥・自然環境研究所報告第2巻第3号に、「蛍保存会の活動」掲載
12.7 聖教新聞3面に、「生命の宝庫を守れ! アマゾン自然環境研究センター」と題し、紹介 12.7
12.20 聖教新聞1面に、「米CNNテレビではブラジルSGIのアマゾン保護運動を10回放映」と題し、紹介 12.20
12.22~24 霧島フィールド野鳥調査・天文観測
-石井氏、鞆田氏、遠藤教諭、小野里教諭、他-
12.28
12.26~27 野鳥・自然環境研究所代表者会議開催(学園会館、創価高校)
2001年
1.27 聖教新聞1面に、ブラジルSGI「アマゾン自然環境研究所を建設」と題し、紹介 1.27
1.30 創価教育研究所通信第3巻第9号に、
「野鳥・自然環境研究所報告(2)『八重山フィールド予備調査報告』」掲載
4.2 国内6ヵ所のフィールドを紹介する「カラーパンフレット」が完成 4.11
4.11 聖教新聞1面に、「アマゾン自然環境研究所 喜びの起工式」と題し、紹介 4.11
5.8 「野鳥・自然環境研究所報告」創刊。
 第1巻第1号に、「別海フィールドの地形と地質のあらまし」掲載
5.11 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(TV会議)開催 平成13年度研究所体制発表
担当副理事長=松田茂行 所長=鈴木利博 副所長=仲西忠之
研究員=照井優子、東 宏治、塩田誠一郎、菅原弘道、半杭克巳、栗林 誠、萩原悟嗣、池田勝利、形山章輝、久米宗男、落合 聡、津瀧丈史
運営委員長=佐藤敏明 運営委員=中野俊博、寺本尚樹、赤嶺 徹
6.1~5 別海フィールド2001年度第1回創価大学・創価学園合同学術調査
-牛沢北大名誉教授、鈴木所長、福原氏、山口氏、他-
北海道版6.15
6.27 聖教新聞2面に、「アマゾンを守れ! 森林再生プロジェクト進む」と題し、紹介 6.27
6.29 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(TV会議)開催
7.3 聖教新聞2面に、「アマゾンで遺跡発掘!! 『池田大作博士遺跡』と命名」と題し、紹介 7.3
7.8 聖教新聞5面に、昆虫学者・矢島稔氏と鈴木利博所長の対談
「森は虫たちの王国 探して、見つけて、手に取ろう!」掲載
7.8
7.14 野鳥・自然環境研究所ロゴマーク募集
7.20~7.26 2001年度 「創価学園国内サマーセミナー」開催
7.31~8.2 八重山フィールド調査
-形山教諭、塩田教諭、他-
9.4
7.31~8.2 霧島フィールド調査
-石井氏、半杭教諭、寺本氏、他-
9.4
8.1~8.9 創価学園夏季海外研修「マレーシア環境研修」
-高松教諭、池田教諭、生徒8名-
8.15
8.2~6 別海フィールド2001年度第2回創価大学・創価学園合同学術調査
-牛沢北大名誉教授、福原氏、山本英夫創大センター長、北野創大教授、足立氏、岩見氏、山口氏、久米教諭、落合教諭、大矢根教諭、他-
北海道版8.10
9.4
8.17~8.20 霧ヶ峰フィールド調査
-萩原教諭、他-
9.4
8.19 北海道学術部第8回夏期大学講座で、牛沢信人北大名誉教授が「北海道研修道場の自然に学ぶ」と題し講演 北海道版8.24
8.24 野鳥・自然環境研究所報告第1巻第2号に、
「スペ-スシャトル・エンデバ-に対する太陽光反射実験報告」および「第1回創価大学創価学園合同調査写真報告」掲載
9.25 創価学園野鳥・自然環境研究所会議(TV会議)開催
10.1~4 別海フィールド2001年度第3回創価大学・創価学園合同学術調査
-牛沢北大名誉教授、鈴木所長、島田氏、福原氏、他-
北海道版10.8
10.2 藤高亨氏(別海町)へ、学園から感謝状・記念品贈呈(北海道研修道場)
11.18 野鳥・自然環境研究所報告第1巻第3号に、
「マレーシア・プトラ大学研修報告」、「創価学園国内サマーセミナー写真報告」および「別海フィールド第2回創価大学・創価学園合同学術調査報告」掲載
11.25 聖教新聞1面に、ブラジル・アマゾンに「『アマゾン池田環境研究所』がオープン」と題し、紹介 12.1
11.23 別海フィールドでドングリひろい(道東池田圏未来部) 北海道版11.30
12.4 聖教新聞1面に「北の大地に天の舞い! タンチョウが飛来(北海道研修道場)」と題し紹介
タンチョウは、10月1日から11月30日まで、同道場広場にたびたび飛来
12.4
12.7~9 別海フィールド野鳥調査(シマフクロウ巣箱の掛け替え)
-山本氏、福原氏、久米教諭、他-
12.27~28 野鳥・自然環境研究所冬季代表者会議開催(学園会館、東京創価小学校)